保険の考え方とは? - 中小企業のリスクマネジメントのサンライズです。

保険の考え方とは?

保険の考え方とは

保険はギャンブルです

保険は一種のギャンブルであると考えています。
例えば宝くじは0がプラスになりますが、保険はマイナスを0にするものです。

しかしながら、一等1万円の宝くじを5,000円買うでしょうか。

保険も同様で、損害が大きく、自身の生活が崩れる恐れがあるものに保険を掛けるというのが原則であると思います。

「本当に保険が必要なものは何か?」を理解して選んでいただきたい、と思います。

保険は「入る」ものではなく「買う」もの

特に損害保険は多くが掛け捨てです。

お金を払って補償される権利をもらっているのです。つまりスーパーで買い物をするのと何ら変わりはないのです。

使わないものは買いませんよね?
でも使い方の解らないものを買っている方が多いのです。

高いものは補償の幅が広く、安いものは狭い。
当社は使い方をご理解いただけるまで解りやすくご説明します。

使えるのに使っていない!?

ご契約時には理解していても内容は忘れてしまうのが往々にしてあります。

本当は保険で補償されるのに、無理と決めつけて請求しないことが多いのが現状です。

それは何故か?を当社なりに考えたところ気軽に聞ける相手がいない
ということです。

契約した代理店が本来その立場になければなりませんが契約時に顔を見たきりで誰だったか覚えていない、という事態が頻繁に起こっています。

当社は何もお困りごとがないときでも、メルマガ、LINE、郵送などで常に接点をもつようにしております。

ご契約者様はもちろん、他社さまでご契約の方も何なりとお気軽にご相談いただき、お役に立ちたいと思っております。