進めよう!地震への備え PART3 - わかりやすい保険のサンライズのサイトです。あいおいニッセイ同和損害保険代理店 三井住友海上あいおい生命保険代理店 フラット35代理店

お知らせ

進めよう!地震への備え PART3

ブログ

031523

毎日 焼けるように暑い日が続いてますが お身体は大丈夫でしょうか?

今回も先週に引き続き 地震保険のQ&Aをお届けします。

Q5:1年間の保険料はいくらなの?

A:愛知県では、契約金額100万円あたり次のとおりです。

イ構造(主として鉄骨・コンクリート造の建物) 1,710円
ロ構造(主として木造の建物) 2,890円

*建物の免震・耐震性能に応じた割引制度があります。

Q6:支払われる保険金は どうやって決まるの?

A:建物や家財の損害状況により全損、大半損、小半損、一部損のいずれかに認定されます。(注)

全損は地震保険の契約金額の100%、大半損は60%、小半損は30%、一部損は5%の保険金が支払われます。

保険金を迅速かつ公平にお支払するために4区分としています。

*損害の状況が一部損に至らない場合や門・塀・垣・エレベーター・給排水設備

のみの損害の場合などは保険金は支払われません。

(注)2017年1月1日以降に保険期間が始まる契約に適用されます。

Q7:大規模な地震が起こっても、保険金の支払いは大丈夫なの?

A:地震保険は、法律に基づき国と損害保険会社が共同で運営している保険です。

1回の地震による保険金総支払限度額は11.3兆円(2017年10月現在)です。

*この金額は関東大震災クラスの地震が発生しても支払保険金の総額がこの額を超えないように定められており、適宣見直されています。

今回で地震保険のQ&Aは終わりますが、もっと詳しく知りたい方は 遠慮なくお問い合わせください。

担当が誠意をもってわかり易くご説明いたします。

photocat